FC2ブログ
創愛レプトン教室Times
小学生からTOEIC®Test ハイスコアを目指す新しいスタイルの英語教室Lepton( レプトン)
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の国際交流
今日は、我が家の国際交流について語りたいと思います!

先週末から3日間でしたが、オーストラリアの学生2名のホストファミリーをしていました。

これで外国人を我が家に泊めたのは、いったい何人になるだろう、と考えてしまいました。
うーん、いろいろ思い出してみたけれど、もう数えるのがめんどくさいのでやめました。

私が、『ホストファミリーになりたい!』と駄々をこねて、嫌がる旦那さまを説き伏せたのは
11年前になります。もう今では何も文句を言わなくなりました(笑)!

娘と息子を授かってから「いつかは2人を海外に出したい!ホームステイでも留学でも何でもいいから、
世界は日本だけじゃないってことを見せたい!」
と、まだ日本語も話せないころからずっと私は胸に秘めていました。

が、しかし、住宅ローンに追われて、そんな家族で海外に行くなんて贅沢な暮らしは絶対無理ですから、
コツコツとお金を貯めて、、、行けるのは何年後だ(涙)。。と落胆しておりました。

しか〜〜し、そこで、ひらめいたのです!私は!!

こっちが行けないなら、向こうから来てもらったらいいではないか!
そう!「ホストファミリー」になれば、自宅にいながら、国際交流ができるではないか!
と思いついて、旦那さまを説き伏せた(確か、泣き落としもしたような記憶が。。)のであります。

我が家にとって初めてのホストファミリー体験は、
娘5歳、息子1歳の頃。
イタリア人の女の子(16歳)のホストファミリーになったのです。
日本語が全く話せない彼女と英語でなんとか会話して2ヶ月一緒に暮らしました。

夢のようなホストファミリーになれて興奮気味の私でしたが、淡い夢は
はかなくも彼女が来て、3日で崩れ落ちました。
ものすごいワガママなやつだったのです!!
・子どもは嫌い!
・部屋が狭い!
・パスタが食べたい!
・Tシャツにはアイロンをして!
などなど。。。
私は生まれて初めて、英語で大げんかしました。はい。
その私の大爆発がよかったのか、やけに彼女は私に懐いて、我が家を
出る時は、オイオイと泣いて、次に違うホストファミリーのところへ移ったにも
関わらず、1年の留学が終わるまで、自転車をこぎこぎ、何度も我が家へ遊びにくるようになりました。

もう2度とホストファミリーになんかなるもんか(怒!)と心に誓ったのですが、

こりない私は、再びホストファミリーに。
2度目は、アメリカ人の高校生男子。クリスチャンで、めちゃめちゃいい子でした。
子ども達は彼が大好きになって、本当によく遊んでもらいました。
後で聞くとベビーシッターのライセンスを持っていたそうな。アメリカではベビーシッターの
アルバイトを学生はよくするそうです。
彼は6ヶ月、我が家にいました。今でも子ども達とラインでメールし合ったり
彼は2回ほど日本に来て、我が家に泊まりました。

その後も、いろいろ。ホストファミリーだけでなく、夕飯に招いたり。。。
黒人の女の子3名も泊まったなあ〜。。

我が家の子ども達は高2と中1ですが、うちに誰が来てもウェルカム体制。
英語はまだまだですが、心から交流を楽しめています。

みなさんもどうですか!!自宅で、国際交流。

この写真は、先日来たオーストラリアの男の子たちと。
10155704_3934258410781_549749815596288103_n.jpg
一緒に、学校へも行きました。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。