FC2ブログ
創愛レプトン教室Times
小学生からTOEIC®Test ハイスコアを目指す新しいスタイルの英語教室Lepton( レプトン)
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新中学生!
雨の多い4月になってしまい、今年はあまり桜をゆっくり見ることが
できませんでした。

ですが、レプトン創愛教室の新中学1年生はとっても元気です!

今年度から、新しく中学生メンバーは、レッスン時間を夜9時までにしました。
1時間から1時間半の延長です。
(『え〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』と子供たちは絶叫していましたが(笑)。)

しっかり、いつものようにレプトンテキストを進ませて、残りの30分は
学校の定期テスト対策も実施していくことにしました。

年間カレンダーにも記載したように、中学生は学校の英語の定期テスト90点以上
持参で、図書カードをプレゼントする!と公言してしまったので(笑)、
みんな必死です。

とは言え、実はレプトンのROCKET や SPACESHIP までしっかり進んでいた子供たちに
とっては、『楽勝♪』だそうです。

何よりも、自立型個別指導のレプトンですから、勉強の方法を子供たちは
よく知っています。体で覚えていく、、というか、、。
音読、単語スペル、文法、、英語だけでなく、他の教科に関しても同じように
勉強の方法をちゃんと独自で見つけていっています。

部活も始まり、眠い目をこすって、疲れた体にムチ打って来てる子たち。
教室の入口で、『How are you?』って聞いても、ほぼ毎回の確率で
『I'm tired.』か『I'm sleepy.』か、無視(笑)。
でも、ちゃんとテキストを開けて、ヘッドホンをつけると、スイッチが
入るみたいです。同じテキストを進めているライバルもたくさんいますから、
友達に触発されつつ、頑張る子たちばかりです。

春は、とにかく眠い。
でも、頑張れ!
一生懸命なみんなを見て心から尊敬しています。

IMG_20150415_202954.jpg




下半期の成績表ができました。
20150320_092712.jpg
下半期の成績表が出来ました。
前回までのものに改良を加えました。
子供たちの進捗具合がもっと具体的に保護者の方に理解してもらえるように。

普段のレッスンの様子なども一言添えてあります。
あんまり、子供たちにとっては成績表なんて欲しくないかもしれませんが、、。

今、どの段階でこれからどこに進んでいくのか、ちゃんと先を見ることが
出来るように作りました。

私としては、もっともっと保護者の方からお話を聞きたいと思っています。
お時間、取れる方ぜひお声かけくださいね。
Practice makes perfect!
20150227_162648.jpg

Hちゃんは、今5歳です。
3歳の時にレプトンに入会してくれました。
保育園の帰りに来てくれています。

アルファベットを合格して、今はフォニックスが終わるところです。

もうすぐBird教材に入ります。

彼女のすごいところは、宿題をこなす量です。
見て下さい!
先日、おたふくにかかってしまいレッスンを一度お休みしました。
が、その翌週ノートの何ページかに渡って、何度も何度も自主的に
アルファベットを練習してきてくれました。

5歳児とは思えないしっかりした文字で細い枠線の中にきちんと
整列した文字を書けるんです。
中学生でも、ここまで書けないんじゃないかというくらい美しい文字で。

創愛レプトン教室には、他にもノート8枚に渡って繰り返し繰り返し、
書いて来てくれる子もいるんです。

”Practice makes perfect!”
子供たちを見ているとつくづくそう感じます。

さて、私は、ときどき模様替えをしたくなります。
ストレス解消みたいなもので、突然行動に移します。
先日も、レッスンまであと4時間ある!ということで、
以前から「部屋が狭いな〜〜。」と感じていたので
ちょっとカーテンを移動して部屋を拡大させました。

子供たちには大好評で、喜んでもらえてます。

20150313_144701.jpg
(写真ではちょっと分かりづらいですが、、)
英語ギライを作りません!
こんにちは。久しぶりの更新でごめんなさい。

今日のテーマは、「レプトン教室は英語ギライを作りません!」

教室には、英語ギライの生徒さんはいません。
みんなイヤイヤでなく、元気にいつも教室に来てくれていますし、
見送って下さる保護者の方からも「子供が辞めたがっている、、」という声も
今のところ聞いた事はありません。
感謝です!

先日、生徒さんのお母様から頂いたメールをご紹介したいと思います。

『(略)最初の頃は(ネイティブ講師のもと、歌ったり、踊ったり、グループ単位の英会話教室を行っていた頃です。)レッスンに向かう足取りも重かったのですが、レプトンに変わり、少しずつ自信を持てるようになり、家でも集中して宿題をする姿をみて、本当に成長したなと思い、ご指導下さった先生、スタッフの皆様に感謝しています。この学びをもとに、もっともっと英語を好きになってくれると思います(略)』

英会話教室からレプトンに変わるころ、このお子様のレベルチェックをしたときは、
英会話教室に4年通っていたのにも関わらずDog教材スタートのレベルでした。
正直、大変ショックでした。
すでに小学5年生になっていたため、この時期からアルファベットからスタートしていては、
中学に間に合いません。アルファベットを特別に強化してからBird教材からスタートさせたことを
よく覚えています。

その後、どんどん上達しレプトン教材の中でも中学レベルまで進めることができました。
個別・自立学習だからこその成果だと思います。

従来の英会話教室の頃は、幼稚園、小学時代に楽しく通っていた子が、
中学に入ってとたんに「英語嫌い」になる子がたくさん。
中学1年の2学期から英語は急激に「難しくてワケのわからん言語」に変わってしまうようです。

これが私にとっての一番の悩み、読み書きを強化出来ない英会話教室の弱点でもありました。

レプトンに変わってから、イヤイヤ教室に来る子どもが激減しました。
時々は「先生眠いよ〜。」とか、小さな保育園の子は「ママがいい〜〜。」
と泣く日もありますが、基本的にみんな、楽しく通って下さっています。(と、私は信じています。)

 それでも宿題に取りかかるのがおっくうになってしまっているお子さんは、
無理強いせずに、スタッフにこっそり報告してください。
大抵は、お子様が新しい壁にぶつかって苦戦している証拠なのです。
その壁は必ず乗り越えられます。
お子様とどこが難しくてなんだかイヤになっちゃったのか、
考えながら学習すればほとんどが乗り越えてまた次のステップに進めます。

私もみなさんと同じ子育て中の母です。
現在アメリカに留学している高校2年生の娘にはレプトンを体験させてあげられませんでした。
娘にはよく、
『①中学生のうちに英語の資格をちゃんと取っておきたかった。
②レプトンみたいにもっと読み書きを習いたかった。
英会話を習ってただけでは自分がどのレベルにいるのか全然分からなかった。』
と言われます。彼女の悔しさは、私がレプトンを頑張る支えになっています。
下の息子が小学校6年の時にレプトンを始めることができました。

従来の英会話教室の頃は、息子の足取りが重いどころか、(大きな声で言えませんが)
引っぱたいて無理矢理車に乗せて連れて来た事もありました。まるで誘拐か虐待のようでしたよ(汗)!
レプトンに変えてからは、連れてくるのがスムーズです(笑)。

やはり、個別型、自立型指導だから
一人ひとりが、自分に合ったペースで進められます
ですから、つまずきがなく、どんどんわかるようになります。
わかれば学ぶことが楽しくなり、楽しいから好きなだけがんばれます。
がんばるたびに褒められれば、やる気も倍増です!


創愛レプトン教室から「英語好き」の子がたくさん世界に飛び立っていくことを
願っています!
新年あけましておめでとうございます。
2015年がスタートしました。

これからも、ますます気合いをいれて(笑)創愛Lepton教室を愛して
いきたいと思います!

ちょっと、去年の話になりますが、

子供たちのクリスマススライドを公開します。
クリスマス発表会当日に、見に来る事ができなかった保護者の方も
ぜひ、こちらからご覧下さいませ。You tube へつながります。
<前編>
<後編>


クリスマス全て2015



練習方法は、レプトン形式。
繰り返し、何度も音声を聞いて、声に出して読みました。
英語を習い始めてまだ数ヶ月の生徒さんも本当によく頑張りました。

2015年は、どんな1年になるでしょうか。

どうぞ今年もよろしくお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  娘の留学日記 ⑧「アメリカへ」

 
 アメリカの私立高校から合格通知が届きました。

 オーストラリアへの挑戦からはじまって長い月日がたち、
 そして、いろんな障害を乗り越えてきたことを思うと、
 ようやく一安心です。

 まさに、「ばんざ〜〜い!」と言った感じですが、あつ1つ大きな仕事が。

 そうです、F1ビザの取得です。
 エージェントさんに依頼すればなんの心配もいらないのですが、
 ここまで、自力で来たついでに、ビザ取得手続きも自力でする事に決めました。

 3日くらい、パソコンにへばりついて取得方法を調査。
 今は、なんでもインターネットの時代とはいえ、失敗は許されないので、
 慎重に慎重に、イメージトレーニングしつつ(笑)必要な資料を全てそろえて
 朝から、アメリカ大使館のサイトを開けて、パソコンと格闘すること7時間。
 ようやく、ビザの申込みと面接の予約を取り付けました。

 そんなこんなで、あとは本人が大阪のアメリカ領事館で面接を受けて、ようやく無事に
 F1ビザを取得することができました。

 そして、そして感謝なことに、
 県から留学の際の奨学金を頂く事ができ、
 ホストファミリーからも受入れ無償の申し出があり、
 アメリカの学校からも留学生の授業料(めちゃ、高い!)でなく、アメリカ国民としての授業料で
 受け入れます、との申し出があり、
 8月出発のせいか、往復38万円の航空チケットを購入しなければならない予定が
 ホストファミリー友人(デルタ航空のパイロット)の申し出により、特別チケットを
 提供していただけることになり、なんと往復6万円!(しかも、ファーストクラスで渡米しました。)
 
 びっくりするような恵みが降り注ぎました。感謝です。

 現在、娘は元気に留学生活を過ごしています。
 今は、Lineという便利なものを使って、時々TV電話で様子を聞いています。
 日本だけでは体験できない、素晴らしい経験をしているようです。

 1年の予定で渡米しましたが、どうやらもう1年延長してあちらで卒業を希望している様子。
 「留学」というレールを自分で敷いて、もう完全に想像と違った人生を歩み出しているようです。

 私も娘に負けないように、現状維持に満足しないで、日々、勉強を続けて行きたいと思っています。


 長い、長い留学日記を最後まで読んで下さった方々、ありがとうございます。
 創愛レプトン教室でも、これからホームステイプログラム、英語村訪問など、
 たくさんの子供たちが生の英語に触れる機会を沢山提供していきたいと考えています。

 どうぞこれからも宜しくお願いします。


 
 
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。